良いクリエイティブとは

良いクリエイティブとは、もちろん広告効果の高いクリエイティブです。

プロモツイートのクリエイティブは、画像を変更することはもちろん、文言の語尾を変えるだけでも効果が変わることがあります。

良いクリエイティブを一概に語ることはできません。商材Aでは効果のよかったクリエイティブパターンも、商材Bで同様の結果が出るとは限らないからです。ABテストをして明らかにしていくのが良いクリエイティブ作成への道です。

ケースサンプルを見てみましょう

以下は、実際のケースを元に作成したプロモツイート例です。ふたつのパターンのクリエイティブを掲出した際に、よい効果を生んだ方を左に配しています。

何がいい効果を生み出したのか、あなたの広告に使えるエッセンスはないか、考えながらご覧ください。

ケース1

左のクリエイティブの方が効果がよかった仮説

  • 試験の日程が画像に入れられており試験がより具体的にユーザーに伝わった?

ケース2

左のクリエイティブの方が効果がよかった仮説

  • 「今年最後」という限定感がよかった?
  • 「体験入学」より「オープンキャンパス」という表現がよりカジュアルでターゲットの年齢層に合っていた?
  • 左の写真の方が楽しそうに見える?

ケース3

左のクリエイティブの方が効果がよかった仮説

  • リンクのテキストのみより、ウェブサイトカードでリンク先ボタンを表示したほうがユーザーのクリックを促進しやすい?
  • ダイエットモニターの金額など、具体的な内容に少し触れることで詳細を知りたくなるよう喚起できた?

ケース4

左のクリエイティブの方が効果がよかった仮説

  • ターゲットのTwitterユーザーは「女医」の安心感より、不安に共感するクリエイティブ、若年女性向けクリエイティブの方が魅了的に写った?
  • 価格を訴求したことが伝わりやすかった?
  • かっちりしたイメージより、顔文字を入れるなど、やわらかいイメージの方が受けた?

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。