あなたの顧客となり得るユーザーにアプローチしましょう

あなたのサイトに訪れる可能性のある人、顧客となり得る人は、あなたの商品やサービスを検索する人だけでしょうか。それらを今は検索していないけれども、必要としている人はたくさんいるはずです。

Yahoo!プロモーション広告は、スポンサードサーチに登録した広告を、インターネットユーザーの興味関心(閲覧中のページ内容、過去の閲覧履歴や検索キーワード)と直接マッチングさせて配信する機能があります。
あなたが登録している広告(タイトル、説明文、ウェブサイト)とインターネットユーザーが閲覧中のページの内容や過去の閲覧履歴、検索キーワードに関連性があるときに広告を表示できるため、あなたの商品やサービスを必要としている多くのインターネットユーザーにアプローチが可能となります。

掲載面イメージ図

この機能を活用し、検索結果ページだけでなくコンテンツページにも広告を表示することで、あなたの商品やサービスを必要としている多くの見込み客にアプローチが可能となります。

思うように検索がされずに広告の表示回数が少ない場合は、コンテンツページに広告を表示できるインタレストマッチのキャンペーン予算を増やし、コンテンツページへの配信を増やしてみましょう。広告を表示させるだけではコストが発生しないので、商品やサービスを必要としている多くのインターネットユーザーに対して広告を配信し、目標であるコンバージョン獲得に役立てましょう。

コンテンツページへの配信を増やしたい場合は、以下より詳細をご確認ください。
インタレストマッチへの配信について

キャンペーン予算を変更してコンテンツページへの配信を増やしたら、インタレストマッチへの入金割合も必ず変更するようにしましょう。

キーワードのマッチタイプは部分一致で運用しましょう

どんなにユーザーの視点に立って検索されそうなキーワードを考えて登録しようとしても、全てのキーワードを登録するのは不可能ですし、とても非効率です。キーワードの数が増え、管理が大変になるだけではなく、不要なキーワードの削除にも手間がかかります。

そこで、より少ないキーワードで最大の広告効果を生むために、キーワードは2語までの組み合わせとし、マッチタイプは「部分一致」で登録しましょう。併せて対象外キーワードを設定すると、自社で取り扱いのない商品・サービスでの検索に対して広告を表示しないようにできます。

広告の掲載順位を上げる

広告の掲載順位が低いと、インプレッション数が増えにくくなります。広告の掲載順位が上がるように改善し、広告が検索ユーザーの目に留まるようにしましょう。掲載順位を改善するためには、3つの方法があります

1. キーワードの入札価格を上げる

キーワードの入札価格が低すぎると、広告が表示されにくくなりますので、全体のバランスをみながら、注力したいキーワードを中心に入札価格を調整しましょう。その際、いくらの入札価格を設定したら検索結果の1ページ目に掲載されるか、予測値を確認できます。

1ページ目掲載に必要な入札価格の確認方法

2. キャンペーン予算を上げる

登録されているキーワードの検索数や入札価格に対してキャンペーンの予算が低い場合、広告のインプレッションが抑えられてしまう可能性があります。キャンペーン予算を検討する際は、まず広告予算の状況を確認しましょう。特に、キーワードの入札価格を上げた場合は、十分なインプレッションが見込める予算になっているか、注意しておきましょう。

※キャンペーン予算の変更方法についてはこちら
キャンペーンの1日あたりの予算

3. キーワードの品質を上げる

品質はクリック率とその他の要素から算出され、「品質インデックス」の目盛りを参考にします。品質インデックスを決める要素には、クリック率やその他複数の要素(キーワード・広告・検索クエリーの関連性など)がありますが、広告との適合性が高いキーワードはクリック率が高くなる傾向にあるので、まずは広告の改善に努めましょう。

※品質インデックスについてはこちら
品質インデックス

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。