今回は、スポンサードサーチの「自動入札設定」機能のプロジェクト担当者、高畑 美寿樹(たかはた みずき)にインタビューしました。

まずは、自動入札設定を利用するメリットを教えてください

これまでもキャンペーンでの「自動入札」設定機能はありましたが、今回の機能改善により、キャンペーン単位だけではなく、広告グループ単位での設定も可能となり、より詳細に設定することができるようになります。

また、これまでは「クリック数を最大化する」という目的でしか利用できませんでしたが、今回提供する「自動入札設定」機能は、さまざまな目的に応じた自動入札設定が可能です。本機能を活用いただくことで、日々の入札価格の調整作業といった運用業務を軽減できます。

なぜこの機能をリリースしたのですか?

スポンサードサーチをご利用の皆様の運用業務における負荷を軽減したかったからです。

広告主様にとっては、広告運用の効率化が可能になりますので、本来のマーケティング活動に専念いただけるとともに、より効果的な運用をサポートできる機能だと考えています。

どんな広告主様にどんなシーンで使っていただきたいですか?

日々の入札価格の調整など、運用作業を負担と感じている広告主様はもちろんですが、普段は自分で細やかな調整を行い続けている広告主様にも、繁忙期にのみ一時的に利用していただくという使い方も想定しています。

これまでスポンサードサーチって難しそうと思って敬遠されていた方にも、まずはこの機能を使ってスポンサードサーチを始めていただき、効果を実感していただければと思います。

設定する際に気をつけるポイントを教えてください

いくつかの目的に応じた自動入札設定を用意していますので、広告主様それぞれで何を目的としているかをまずは定義していただく必要があります。

また、「コンバージョン単価の目標値」や「広告費用対効果の目標値」については一定以上のコンバージョンが発生していなければ、設定することができません。

これまでコンバージョンを測定されていない広告主様は、これを機にコンバージョンの測定機能を利用していただければと思います。

最後に、広告主様にメッセージを

今後もスポンサードサーチではさまざまな機能のリリースを予定しています。

スポンサードサーチをご利用の皆様により満足していただけるサービスを目指していますので、今後ともよろしくお願いします。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。