ご注意

本記事は2014年5月7日のFacebook記事からの転載です。

今回は、ディスプレイ広告のユニットマネージャーである赤星 大偉(あかほし だいい)にインタビューしました。

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の広告掲載方式を再編しましたが、これによるメリットは?

2点あります。

まず第1に、それぞれの広告掲載方式を選ぶ目的がわかりやすくなったことです。

配信先を自動で最適化したい場合は「インタレストマッチ」、自社で配信先を選んでしっかり運用したい場合は「ターゲティング」・・・と非常にシンプルです。

2点目は、「ターゲティング」でより柔軟な配信先の指定が可能になったことです。

たとえば、今まで行えなかった「サイトリターゲティング」と「サーチターゲティング」の組み合わせが可能ですので、『サイト訪問歴があり、かつ、指定のキーワードで検索歴もあるユーザー』へ配信することも可能です。

また、あわせて、プレイスメントターゲティングの機能を追加しました。

これにより、配信先をドメインレベルで指定できるようになりました。ぜひうまく活用し、CPAの最適化につなげていただきたいです。

最後に一言!

今後もディスプレイ広告分野において、広告主様の効果につながる改善を優先的にどんどん行う予定です。

ぜひご期待ください!

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。