梅雨が明けた途端に厳しい暑さとなり、まさに夏真っ盛り。間近に迫るお盆休みに向けて、Yahoo!プロモーション広告の対策は万全ですか?

昨年のお盆期間中の検索傾向を参考に、この夏、他社と差をつけるYahoo!プロモーション広告の夏休み対策をご案内します。

お盆期間中は「スマートフォン」の検索数が平日よりも増加!検索数の増加割合では「パソコン」を上回る!

昨年の検索数推移をデバイス別で調査したところ、8月初旬からお盆期間(8月13日~16日)にかけて、「スマートフォン」による検索数の増加割合がパソコンを上回ったことがわかりました。

※社内データによる自主調査(対象デバイス:スマートフォン、パソコン)
検索数推移(パソコン/スマートフォン):夏休み期間前後2013年7月1日(月)~2013年9月10日(火)
※当該期間中の検索数の平均値を「1」として指数化

今年は低価格のスマートフォンがシニア層の需要を呼んだというニュースもあり、スマートフォンユーザーが確実に増加しています。スマートフォンの検索数は昨年以上に大きく伸びる可能性があるのです。

このスマートフォン最大の商機を逃さないために、お盆期間にスマートフォンで検索されるキーワードを今すぐチェックしてみましょう。

「スマートフォン」で検索されるキーワードとは?(夏編)

集客のポイントがパソコンとは異なる! スマートフォンの利用シーン

スマートフォンは、旅行や屋外でのレジャーの最中、日々の「すきま時間」などで利用されています。

以下は昨年の調査結果ですが、このような利用傾向は年々強くなっているといえます。

スマートフォン利用が多くなる曜日や時間帯を狙い「入札価格調整率」を使ってスマートフォンへの広告配信の比率を増やす。また、ウェブサイトを「スマートフォン最適化」することで、サービスや商品の購入や申し込みといった成約数(コンバージョン数)の増加や成約する確率(コンバージョン率)の向上が大いに期待できます。

休暇前はアカウント残高を確認! 広告機会の損失を防ぎましょう

休暇期間中は、インターネットユーザーの検索行動が平日とは異なります。
「1日あたりの予算」としてキャンペーンに設定しているクリック料金は十分ですか?
予想以上に検索数が増加する可能性もありますので、過去の実績を確認し、設定金額を見直しましょう。

また、休暇期間中は予想以上にアカウント残高を消化していることがあります。少し余裕をもってアカウントへ入金しておくことをおすすめします。

休暇期間中にアカウント残高が0円になってしまうと、広告掲載の機会を逃すことになります。商機を逃さないように、休暇前にしっかり確認し、準備しておきましょう。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。