こんにちは、Yahoo!プロモーション広告 お客様サポートです。
今週は、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の「インタレストカテゴリー」と
「サイトカテゴリー」の違いについてお話しします。

今週のQ&A

Q. 「インタレストカテゴリー」と「サイトカテゴリー」は何が違うのですか?

A. 「インタレストカテゴリー」と「サイトカテゴリー」の大きな違いは、広告の配信対象の条件がユーザーの興味関心に連動するかしないかです。

ターゲティングの種類

配信対象がインタレストカテゴリーは「カテゴリーに興味がある人」、
サイトカテゴリーは「設定したカテゴリーを閲覧している人」になります。

※サイトカテゴリーは、ユーザーの興味関心には連動していません。

例)
インタレストカテゴリーで「スポーツ」を設定している場合
システムが「スポーツ」に興味があると判定したインターネットユーザーが
Yahoo!ニュース、ヤフオク!や提携サイトのページなどのコンテンツページを閲覧しているときに広告が表示されます。

サイトカテゴリーで「スポーツ」を設定している場合
「スポーツ」カテゴリーのサイトを閲覧しているときに広告が表示されます。

両方のカテゴリーで「スポーツ」を設定している場合
システムが「スポーツ」に興味があると判定したインターネットユーザーが「スポーツ」カテゴリーのサイトを閲覧しているときに広告が表示されます。

それぞれのメリット

インタレストカテゴリー
キーワードを設定しなくとも、設定したカテゴリーに潜在的に興味関心があるインターネットユーザーに訴求できる。

サイトカテゴリー
設定したカテゴリーに関連するサイトを閲覧しているインターネットユーザーにリアルタイムに訴求できる。

設定できるカテゴリーの項目は、インタレストカテゴリーが873、サイトカテゴリーが277です。
詳細は、下記の図のとおりです。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。