こんにちは、Yahoo!プロモーション広告 お客様サポートです。
お盆も明けて8月後半になりましたが、まだまだまだ厳しい残暑が続きそうです。
夏バテにはくれぐれも気をつけてくださいね。

今週と来週は、スマートフォンのインプレッションを増やす方法についてお話しします。

今週のQ&A

Q. PCに比べてスマートフォンのインプレッションが少ないのは、なぜですか?

A. 大きく2つの要因が考えられます。

  1. 1.スマートフォンはPCと比べて広告掲載枠が少ない
  2. 2.地域ターゲティングの設定によるインプレッションの減少

今回は「1. スマートフォンはPCと比べて広告掲載枠が少ない」という点と、その対策について説明します。

1. スマートフォンはPCと比べて広告掲載枠が少ない

スマートフォンはPCに比べて画面が小さいぶん掲載できる広告数に限りがあるため、
上位掲載されないとインプレッションが少なくなる傾向にあります。

理由

例えば、広告の掲載順位が5位の場合、Yahoo! JAPANの検索結果ではPCは広告が表示されますが、スマートフォンでは表示されません。

また、同じ広告でも掲載順位がPCよりもスマートフォンの方が低い(PCでは1位なのに、スマートフォンは3位に表示される)ということがあります。
これは、スマ-トフォンのほうが広告の掲載枠が少ないため、同じキーワードでの入札価格水準がPCより高くなる傾向があるためです。

対策方法

「デバイス別入札価格調整率」を利用すると、スマ-トフォンの入札価格を最大10倍にすることができるので、 上手く活用すれば掲載順位が上がり、スマートフォンのインプレッションを増やすことができます。

例)入札価格が100円の場合

スマートフォン入札価格調整率 引き上げ率100% 引き上げ率400% 引き下げ率50% 引き下げ率100%
PC、タブレットの入札価格 100円 - - -
スマートフォンの入札価格 200円 500円 50円 0円

ポイント

  • デバイス別入札価格調整率は、キャンペーンと広告グループで設定できます。両方を設定した場合、広告グループの設定が優先されます。
  • 「引き上げ率:0%~900%」「引き下げ率:1%~90%、100%」を設定できます。
  • 「引き下げ率100%」に設定したデバイスは、入札価格が0円となるため、広告が配信されなくなります。

スマートフォンの利用者数が伸びている今、スマートフォン向けの広告の重要性は日に日に増してきています。
スマートフォンのインプレッションが少ないという方は、ぜひ「デバイス別入札価格調整率」の利用を検討してください。

なお、必要以上に入札価格を上げすぎてしまった! ということがないよう、調整後は掲載順位のチェックもお忘れなく。

スマートフォン入札価格調整率の確認と変更(ヘルプ)

「スマートフォンのインプレッションを増やす方法(その2 )へ続く

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。