トップ > Yahoo!プロモーション広告からのご案内 > プレスリリース2013年 > Yahoo! JAPAN、ファストメディア社と提携し、スマートフォンアプリを簡単に作成できるCMS「Yahoo!アプリエンジン」を提供開始

プレスリリース

2013/08/01

Yahoo! JAPAN、ファストメディア社と提携し、スマートフォンアプリを簡単に作成できるCMS「Yahoo!アプリエンジン」を提供開始

Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮坂学、以下Yahoo! JAPAN)は本日、スマートフォンアプリ作成サービスを提供するファストメディア社(以下ファストメディア)との業務提携に合意しましたのでお知らせします。当社はファストメディアからスマートフォンアプリ作成ツールのOEMを受け、「Yahoo!アプリエンジン」として提供します。サービスの提供開始は9月初旬を予定しています。

近年、スマートフォンユーザーのアプリ利用時間は急激に増加していますが、企業がアプリを制作する際には、制作費に加え維持費など高いコストがかかるほか、プログラミングの知識や複数OSに対応した継続的な運用など一定のスキルやナレッジを求められることから、難易度が高いという課題がありました。そこで、当社は、ファストメディアよりOEMによるツールやテクニカルサポートの提供に加え、アプリを利用したマーケティングに活用いただけるソリューションとして「Yahoo!アプリエンジン」を提供することにいたしました。

「Yahoo!アプリエンジン」は、充実したテンプレートの中から、わかりやすいUIを持ったさまざまな機能をドラッグ&ドロップするだけで簡単にiPhone、Androidアプリが制作・運用できるコンテンツマネージメントシステム(CMS)で、アプリ申請も代行いたします。プッシュ通知や各種SNS連携、動画アップロードや電子書籍化などに対応しており、将来的には、Yahoo!ウォレットなどの決済機能やYahoo!地図の提供、そしてYahoo!タグマネージャーSDK※への対応によるアクセス解析機能など、Yahoo! JAPANの一部サービスも追加できるプラグインの提供も予定しています。

当社では、広告事業におけるスマホファーストの取り組みとして、スマートフォンサイト作成支援サービス「スマホサイトビルダー」、PCとスマートフォンなどのタグ管理サービス「Yahoo!タグマネージャー」、Webサイトのアクセス解析ツール「Yahoo!アクセス解析」の提供を発表しており、本提携も、スマホファースト強化に向けた取り組みの一環です。Yahoo!アプリエンジンを利用いただくことで、専門知識がなくても簡単に自社サービスのアプリを提供でき、お客様のユーザーとのコンタクト機会を拡大することが可能になります。

なお、Yahoo!アプリエンジンの利用には一定額の月額費用がかかります。詳細はサービス提供開始に向けて随時お知らせしてまいります。

※Software Development Kitの略で、アプリ内に少ない工数で「Yahoo!タグマネージャー」を組み込めるようにしたコンポーネントです。

ページトップ